初心者必見!度ありカラコンのススメ!

不安がいっぱい初めてのカラコン…購入前に知っておきたいカラコンの基礎、体験記、お得情報をまとめてご紹介!

「高度医療機器承認番号」…ナニソレ(´゚д゚`)❔❔

      2016/02/01

どもーー!
今回はコンタクトレンズの安全性について
お話ししたいと思いますよ☆
みなさんは
『高度医療機器承認番号』
という言葉をご存知でしょうか?

たくさんの漢字の羅列に難しく考えがちですが、つまり…
『使ってると、まれに大変な副作用が生じる可能性があるよ!』
『厚生労働省が認めないと販売できないよ!』
『認めた物には番号つけよーね!』
という事です。

例えば、商品のパッケージなどに
『高度医療機器・医療機器承認番号』と記載されており、
その後に【22300BZX00181000】などの
番号、アルファベットが並んでいます。

始めの「2」は平成、つまり平成23年に製造された商品ということです。
その後の「00」は厚生大臣の承認である記しです。
「BZX」は医療機器であることを示しておりその後の数字は承認、登録順に変わります。
最後の「000」はオリジナル商品である事を示します。

以上が番号の見方です(^^)
自分の手元にあれば確認してみてくださいネ☆

日本ではカラコンは国内製造、韓国、タイ、台湾などの国外製造を問わず『高度医療機器承認番号』がないと
販売は出来ないのですが、
今はネットで簡単に手に入る時代です(>_<) 外国製の未承認の商品が安く出回ってるのも事実です! このような粗悪品をつかまされない為に知っておいた方が良いですネ(^^)

粗悪品といえば…

ツイッターやフェイスブックなどのSNSで
拡散されていた衝撃の画像…
ある例では韓国製の度なしカラコンを
大手ディスカウントショップで購入した際、
綿棒で商品を擦ってみたら
なんと!!色素が落ちてしまった( ゚д゚)
びっくりしますよねー(>_<) 製造法の違いでそうなるみたいですが、 簡単に色素が落ちてしまうなんて ちょっとゾッとしますよね( ゚д゚) もちろん目に良くないです… ここで少し触れた製造法と粗悪品、その影響についてはまた次の機会にお話ししますネ☆ それではこのへんで… ドロ〜んε==(っ≧ω≦)っ☆w

 - カラコン体験記